So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
サイエンス ブログトップ
前の10件 | -

内向的人間の時代 [サイエンス]

 スーザン・ケインの『内向的な人が秘めている力』が、今、静かなブームとなっているようです。


中世時代から(いや、古代から?)現代まで、出世するためには外交的でバイタリティーのある人間の方が何かにつけメリットがあると考えられてきました。


弁が達者で快活で行動的な人間は、政治や商談などの交渉においては、”成功をおさめるためには“必要不可欠と考えられ、“黙して多くを語らない人間”は、不向きだと考えられ、領主や雇い主(経営者側)は、そのような人間を求め続けて来て、われわれもそのような”求められる人間”になれるように(天性的にそのような性分をもっているものは別にして)努力をして来ました。


内向的人間



それは、社会のニーズに応えて“自分を変える”というもので、先にも述べたように、生来、その(外交的)傾向をもっているものにはそれほど問題ではないでしょうが、内向的な性格の人間、引っ込み思案な人間にとっては、現状(社会で必要とされる生き方)に適応(自分を変える)ということは大変なことで、中には自殺を考える者がいるほどの苦痛だったのです。
そうまでしないと生きていけない社会、そして現在…


それを、

“そんなに無理して内向的なあなたを変えなくてもいいのよ”

と主張してくれているのがスーザン・ケインなのです。


スーザン・ケインはハーバード大学ロースクール出身。ニューヨークで弁護士として(7年間)働いていましたが、本来、内向的な自分は法律家に向いていないと気づき、作家に転身。そして著したのが、本書『内向的な人が秘めている力』(原題QUIET)です。
執筆にあたってはハーバード大学の学生を含め何百人もの人々に実際に話を聞き、数多くのワークショップにも参加。心理学者や進化生物学者、精神分析医らと議論を交わし、最先端の脳スキャン装置を用いた研究にも立ち会っています。

スーザン・ケイン


彼女のTED2012におけるトークは話題を集め、TEDのサイトで公開された動画は200万ヒットを記録。今年出版された初めての著書『内向的な人が秘めている力』も全米ベストセラーとなっています。

 

 ケインの著書『内向的な人が秘めている力』の日本語版

 


スーザン・ケインによれば、世界の人の実に3分の1、あるいは半数が内向的な性格だそうです。ガンジーも、ルーズベルト大統領も内向的な性格の偉大なる指導者であった。外向性が学校や職場で重視されてきたアメリカ社会では、内向的な人の静かなる声にもっと耳を傾けるべきで、グループでの共同作業ばかりを強制するべきでないと訴えているのです。

社交的で活動的であることが何より評価される文化において、内向的であることは肩身が狭く、恥ずかしいとさえ感じられます。しかしスーザン・ケインはTED2012におけるトークで、内向的な人は世界にものすごい才能と能力をもたらしているのであり、内向性はもっと評価され奨励されてしかるべきだと言っています。 (TED公式ページ

続きを読む


あしあと(102)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

ビジネスジェットの苛烈な販売合戦 [サイエンス]

エンブラエル レガシー500

エンブラエルが6年の歳月と7億5千万ドルをかけて開発した新型ビジネスジェット、Legacy500がヨーロッパでのビジネス航空ショーである EBACE-2013(European Business Aviation Convention and Exhibition)に初披露目をすることになりました。 同機は昨年末に初フライトを無事成功したものです。 エンブラエルと言っても知らない人も多いと思いますが、売上高85億ドル(約6400億円)を誇る、世界第3位[ぴかぴか(新しい)]の航空機メーカーです。


エンブラエルの最新型ビジネスジェット レガシー500 (ファーストフライト) legacy-500ff.jpg

続きを読む


あしあと(102)  コメント(17)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

人間界・動物界の不思議 [サイエンス]

今日は少々ポレミックな話題です。

テーマ―は『同性愛の謎の究明』です。

同性愛問題について、肯定、否定、理解できる、できないなどといった個人的な考えは別にして、純粋に科学的見地から見たレポートが去年の暮に発表されていますので、それを紹介しつつ記事を展開したいと思います。(本当のところは、昨年末にブログ記事の種として保存しておいたのを今頃見つけ出したので載せたのです。陳謝)

osumesusinboru.jpg



まず、最初に、進化生物学の観点からみた同性愛は謎だらけだそうです。

続きを読む


あしあと(167)  コメント(17)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

三つ子の魂百まで…(後編) 三歳までの英才教育 [サイエンス]

 ロンドン・オリンピック、いよいよ開幕しましたね。

そこで今日はしょっぱなからロンドン・オリンピックにちなんだ話題をひとつ。

下の数字はオリンピックメダルに関するものですが、何を意味する数字かわかりますか?

6

48880

8000

 

rondon12.jpg

 

 回答は、下にあります。

続きを読む


あしあと(395)  コメント(34)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

三つ子の魂百まで… [サイエンス]

寒さも少し和らいだ週末の土曜日、Lobyが日本語を教えている生徒さんたちとすき焼きパーティを開きました。

土曜日も夕方まで仕事をする生徒さんがいるために、パーティは夜に。

 

 

準備を進めながら、夕焼け空をパチリ

 

1-sukiyaki-0001.JPG



Lobyが受け持っている日本語コースの生徒は数人ですが、その塾のオーナーがLobyの友人でもあることから彼のファミリーも招待しました。

で、すき焼きパーティに参加したのは総勢10名。
食欲旺盛(?)なツワモノどもに十分に対応できるようにすきやき鍋も二つ用意しました。

ご覧の通り、ほとんどが日系の方ですが、「すき焼きは初めて」というブラジル人の生徒さんも。。。

 

1-sukiyaki-002.JPG


 

続きを読む


あしあと(353)  コメント(36)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

ホモサピエンスの人口爆発がネアンデルタール人を滅亡させた? [サイエンス]

現生人類の人口増加がネアンデルタール人を滅亡させた主原因―

このような新学説が7月28日の米国の科学誌サイエンスに発表されました。

英国ケンブリッジ大学の研究チームが行った調査では、現生人類とネアンデルタール人の人口比率は、新人類10に対して旧人類1の割合。

ネアンデルタール人少女の復元イメージ
最近のDNA研究では赤毛で色白だったと推測されている
Neanderthal_child.jpg

 

復元されたネアンデルタール人の頭骨(前方)と現生人類の頭骨(後方) supremacia-numc3a9rica-dos-humanos-acelerou-fim-de-neandertais.jpg

 

 

以下はサイエンス誌記事の要約です 

この人口比率の差は、当然のように食料の確保― 獲物を見つけ狩りをする― には人数の多いほうが成功しやすい(現生人類)、という種にとって生存のために決定的なメリットを4万年前にもたらした。

そ れにプラスしたのがホモサピエンスがもっていた、はるかに”進んだ社会性”、つまりグループ活動だった。 研究チームのポール・メラース(Paul Mellars)とジェニファー・フレンチ(Jennifer French)の二人の調査員は、現生人類はネアンデルタール人より進化した人類であったため、道具をより効率的に使用する術や、食べ物の少ない冬に備え て食料を保存する方法なども習得していたと推測している。

研究チームが発表した新説は、フランス南部ペリゴール地方で初期の現生人類であるホモサピエンスの集落跡の発掘調査を実施し、遺物や痕跡を分析した結果出されたものである。 今回の発掘調査では、ホモサピエンスが住んでいた痕跡が多数見つかった。これまで発見された中で最大の集落のほか、多数の道具や動物などの食料の食べかすも大量に発見され、それにより、ネアンデルタール人がこの地域から追い出された可能性が示唆されている。

また、ホモサピエンスの集落に残されていた石器や宝飾品、工芸品がネアンデルタール人のものよりもはるかに手が込んでいたことから、ホモサピエンスはネアンデルタール人よりも複雑な社会ネットワークを構築し、頭脳も発達していたと考えられるという。 研究チームを率いたポール・メラース氏は、こうした技術・行動などの面での進化によってホモサピエンスは欧州全域にわたってネアンデルタール人が生活していた地域に進出し、定住することに成功したと指摘している。

ホ モサピエンスの大量侵入のため、ネアンデルタール人は住み馴れた居住地域から生活環境がさらに厳しい地域へと追いやられてしまったのだろうと研究チームを 推測している。そんなネアンデルタール人に、約4万年前に欧州全域を突然襲った寒波が最後のとどめを指したのではないかという。 しかし、この新設に対してはすでに専門家たちから反論が出されている。スペインのバルセロナ大学のホアン・ジリャオ教授は、ケンブリッジ大学の研究チーム が行った調査方法は旧式であり、またすでに発表されている研究結果では、遺伝学的、考古学的に見てホモサピエンス人がネアンデルタール人にとって代わった のではなく、同化したのだと指摘している。

ホモサピエンス(右)とネアンデルタール人(左)の骨格比較

 neanderthal neandertal muscular muscle apeman rickets bones fossil 3.jpg

 

 ネアンデルタール人の住んでいた地域

Carte_Neandertaliens.jpg

 

 

今回のケンブリッジ大学の論文は... 続きを読む


はてなブックマークにLobyのブログが!? [サイエンス]

 仕事で、趣味(ブログ)で、となにかにつけ

たいへん便利で重宝なGoogleサーチですが

興味半分にLobyのブログが、どのようにGoogleサーチで

現れるか知りたくて

Lobyのブラジル大好きBlog

とキーワードを入れてみたら…

当然、ズラズラズラ~っとLobyのブログ関連のサイト情報が出ましたが
  
5番目くらいに、はてなブックマークで紹介されているのを発見!


一昨年の10月にブログに記載したものですが、かなり興味深い内容ですので、再びここで紹介したいと思います。

続きを読む


誰もがもっているネアンデルタール人の遺伝子 [サイエンス]

  昨日から、TVや新聞では米国の科学者たちが最近のゲノムを人工的に合成したというニュース(関連記事)でもちきりですが、この特筆すべき成果をあげたのはクレイグ・ベンター研究所(メリーランド州)の科学者チームですが、この合成技術について、さまざまな面で工業的な応用が考えられる反面、一旦悪用されれば合成技術を使って強力な病原菌が開発され、テロに悪用される危険とか自然界にない生命体が実験室から逃げ出すリスクなどについて喧々諤々の議論が巻き起こりつつあります。

米国の科学者たちが合成したゲノムが埋め込まれた細菌細胞 genoma.jpg



まあ、この種の発見は、原子力利用やレザー光線と同じで使うもの次第で善用にも悪用にも使われるので、やはりきちんとした管理などが必要となってくるわけですが、今回の人口ゲノム関連ニュースを見てすぐ思い出したのが、1952年に米国の化学者S・L・ミラーがアミノ酸を合成した有名な実験です。(資料:生命の誕生関連サイト)

アミノ酸の分子モデル

glycine.jpg


続きを読む


あしあと(18)  コメント(8) 

危機一髪!? (続き) [サイエンス]

キャンキャンキャンキャンキャンキャン!!!

ガウ、ガウ、ガウ、ガウ~...

ピカチュウ危機一髪.jpg

という(ピカチュウの)泣き声と(クロ)の吼え声に驚いて二階の窓からクロの犬小屋の方を見ると、クロがピカチュウに食いついているみたい[exclamation×2][どんっ(衝撃)]

階下にいた息子が走って外に出ました[あせあせ(飛び散る汗)]

早く助けなくては[ふらふら]

 警察を呼べ[exclamation]、 救急車を呼べ[exclamation]

続きを読む


あしあと(9)  コメント(9) 

現代人にはネアンデルタール人の血が流れている? [サイエンス]

04:38:55
われわれ現代人の祖先はチンパンジーなどと共通のものか?
この問いというか、近代科学が追求している謎はLoby家の家系図を調べることよりも関心があります。 先日も「料理で進化した人類」というタイトルでハーバード大学の人類学者であるリチャード・ランガム(Richard Wrangham)教授の興味深い学説を紹介したばかりですが、今回は英国の日刊紙Sunday Timesに発表された、少々ショッキングな記事について紹介します。

     はたして我々にはネアンデルタール人の血が流れているのか?  
    ネアンデルタール人.jpg



-∞-


ホモサピエンスはネアンデルタール人と交配していた?

遺伝子学者は、ホモサピエンスネアンデルタール人は別種のヒト属でありながらも交配していたと発表

ドイツ、ライプチッヒのマックス・プランク研究所でネアンデルタール人の化石の遺伝子解読の研究を続けている、有名な進化分子遺伝学者であるSvante Paabo教授は、ホモサピエンスとネアンデルタール人は別種のヒト属でありながらも交配して子を産んでいたということを証明できると発表している。

現代人の直接の先祖であるホモサピエンスは約4万年前にアフリカを出てヨーロッパへ渡った。ヨーロッパ大陸にはすでに先住民であるネアンデルタール人が住んでいて、ネアンデルタール人が滅亡するまでの約1万2千年という長い期間、両人種は共存した。

Paabo教授は、米国で開催された遺伝子学会の席上、2種間で交配があったことは確かだが、子孫を残すことができたかどうかはわからないと述べている。


馬とゼブラ

最近、発見された近代人類の化石はホモサピエンスの特徴とネアンデルタール人の特徴をもち合わせており、2種間の交配により子供が生まれたことを裏付けているようである。Paabo教授は、近く、ネアンデルタール人の遺伝子研究結果を発表することを確約している。

Paabo教授は、科学者たちの質問に対して、
「われわれにとって最も関心があるのは、2種の交配により子孫を作り、それは現代人のバリエーションに(遺伝子的)影響をあたえたか、ということです。私は2種間で交配が行われたということを確信しています。しかし、それは現代のわれわれの存在を可能とした子孫を残せたのでしょうか?私たちは、その問いに対して”ネアンデルタール人の遺伝子解読”でもって正確にお答えしたいと思います」Sunday Times紙は伝えている。

一方、ロンドンの自然史博物館の古人類学者のChris Stringer教授は、ロンドンで開催された学会の席上、新しく発見された近代人類の化石に関してもう一つの仮説を発表しており、
「ネアンデルタール人とホモサピエンスは遺伝学的に不適性であり、たとえ子が生まれたとしてもその子は繁殖能力が低く子孫を残せないだろう」と述べ、
「このような2種間の交配は、自然界でもシマウマと馬、または虎とライオンなどの別種の動物たちにおいて実際に起こっていいる」と説明している。

-∞-



まったく、”うむむむむ~...” とうなってしまうようなニュースですね。
異種間交配は原則的に子孫を残せないのですけど、どうも現代人にはネアンデルタール人の血(遺伝子)が流れているような気がするんですよね...
別に滅亡してしまったネアンデルタール人の肩をもつわけではありませんけど、この2種間において交配があったことは確実だし(1万2千年も共存していますから)、ホモサピエンスとネアンデルタールとの交配で生まれた子たちが子孫を残せたかどうかは、現代科学でも今のところ可否を証明できてなく、あくまでも”推論”、”仮説”の域をでてないわけですからね。
それに、一説によるとネアンデルタール人が絶滅するのを加速させたのはホモサピエンスたちによるネアンデルタール人狩り(殺戮)だといいますからね...
(ホモサピエンスは昔も今も残酷なところがあったのですよね)

続きを読む


前の10件 | - サイエンス ブログトップ