So-net無料ブログ作成
美味しいブラジル料理 ブログトップ

パット・ノ・ツクピー料理 [美味しいブラジル料理]

 距離的に見て、ブラジルは日本から一番遠い国のようです。

ちなみに成田空港からニューヨークまでの飛行時間は約12時間程度ですが、これがブラジルになるとなんと25時間と倍以上かかってしまいます。

ブラジルへのフライトは、ヨーロッパ経由を別とすればほとんどがロスアンゼルス経由のようで、東京からロスまで10時間、それからリオデジャネイロまで10数時間で合計20数時間となるわけです。
時間がかかり、距離が増大するにつれて航空運賃も比例的に増加するため、米国あたりへは「ちょっとアメリカまで」と気軽に旅行する日本人は多いけど、「ちょっとブラジルまで」と言って、こちらまで来る日本人は極端に少なく、そんなことを友人や家族に言ったら、

「えっ、あんなところに何をしに行くのォ?」

とまず最初に聞かれ、

次に
「ワニやピラニアに気をつけてね...」

とまるで未開地に行くように気の毒がられるかもしれません[たらーっ(汗)]

参考までに、ワニはパンタナール(ブラジル中央部の大湿地地帯)などでしか見られないし、魚のピラニアはアマゾンあたりの川で水浴しても普通の人間は噛みつかれることはないそうです[あせあせ(飛び散る汗)]

それよりも気をつけなければいけないのは、夜の歓楽街でみかけるピラニア(コー◯ガールの異名)です。
観光地によっては残念なことに未成年者がこんな商売をやっているところもあるので、こんな未成年とコトをして警察に捕まったらブタ箱(刑務所)に入れられます[たらーっ(汗)] 

まあ、これは冗談半分忠告半分として、ブラジルでは、2014年に[サッカー]ワールドカップ、さらに2016年には[イベント]リオデジャネイロ・オリンピックなどが開催されるので、多くの日本人がこれらのビッグイベント見物&観光に来ると予想されますが、とくに男性諸氏は、夜のアドベンチャーはつつしんだ方が身のためです。(ひょっとしたら、ブログで知り合った方などとも会える機会があるかも知れませんね?)

さて、ワニ&ピラニアは大げさすぎるとして、ブラジル観光に来られる方は、そのほとんどがリオデジャネイロ市→イグアスーの滝→サンパウロ市の三ヶ所だけを観て帰る人が多いようです。
たしかにリオデジャネイロは世界三大美港の一つであるし、イグアスーの滝はかのルーズベルト大統領夫人が”ナイアガラよりも素晴らしい”と賞賛したように、一見に値する素晴らしい世界最大の滝ですし、サンパウロは... (たいして観るところないようですけど、まあいいでしょう)東京並みの大都会だし、この観光コースはそれなりにブラジル観光の見所をしっかり見れるのですけど、せっかく地球を半周し、20数時間エコノミークラスのせまいシートにおしりを押し込んでブラジルまで来られるのなら、あと3時間半ほどまたエコノミークラスのシートで我慢していただいて、北の都「ベレーン(Belem)」まで行かれることをLobyはお勧めします。


      ベレーン市  ヒルトン・ホテル前の大通りを下ると有名な観光スポット「ドッカス」がある      

ベレーン.jpg


Lobyに言わせると、”ベレーンを見ないでブラジルを知っていると言うなかれ”です。

続きを読む


あしあと(85)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

パステルで舌鼓♪ [美味しいブラジル料理]

 パステル(pastel 発音はパステウ)と言えば、

ブラジルの代表的ファストフード

人によっては、”おやつ”と言う人もいますが

Lobyはあえてファストフードと呼びたいです。

その”ブラジル美味”とも言えるパステルを奥さんが作ってくれました[わーい(嬉しい顔)][るんるん]


 パステルは揚げたてが一番美味しい


1-pasuteru-.jpg


1-pasuteru-1.jpg

パステルに欠かせないのがビナグレッチ(vinagrette)。

 

トマトと玉ねぎのみじん切りに西洋パセリを入れ、酢をいれただけのシンプルなドレッシングですが、

塩味のパステルととてもよく合います。

 

パステルの食べ方は、まず揚げたてのパステルの上の部分を食べて穴をあけ

(パステルは油で上げると風船みたいに膨らみます)

そこに小さじでビナグレッチを入れて食べるのです[るんるん]

 

1-pasuteru-2.jpg

 

 

1-pasuteru-3.jpg

 


パステルはLoby家のものはみんな大好きです。

奥さんがパステルを揚げると、一人あたり2個は食べます。

 

フェイジョアーダが”純国産”のブラジルの代表料理なら、パステルは”純国産”のファストフードですが、このパステル、どのようにして生まれたのかについては諸説あるようですけど、真相はまだ分かってないというのが真相?

   

 

続きを読む


あしあと(133)  コメント(28)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

土曜日はフェイジョアーダの日♪ [美味しいブラジル料理]

  フェイジョアーダがブラジルの代表料理であることは以前にも書きましたが(関連日記)、

今日、土曜日はその”フェイジョアーダ”の日です。

ということで久しぶりに本式のフェイジョアーダをブラジル料理店[レストラン]で買ってきて食べることにしました。

買いに行く前に、一応電話[電話]でどれくらいの量があるのか聞きました。それと値段も。

ご飯付きのフェイジョアーダで一人前9レアル(5.3ドル程度)。

このご飯は日本米ではなく、例のパサパサした外米と呼ばれる米で、刻んだオニオン、ガーリックと

いっしょに油でさっと炒めたあとで塩で味付けし、水を加えて炊き上げたものです。

これにファロッファ(*1)コウヴェ・マンテイガ(*2)も付け加えられます。

ブラジルの代表料理「フェイジョアーダ」
feijoada.jpg

(*1) キャッサバ芋をすりおろして乾燥させ、オニオン、ガーリック、香辛料ハーブ等で味付けしたもの
(*2)キャベツの一種を細く刻んだものをニンニクとともに油でさっと炒めたもの

もう一つはファミリー向けで… 続きを読む


「母の日」は田舎料理で舌鼓♪ その② [美味しいブラジル料理]

 さて、一時間待たされてようやくレストランに入ることができました。

この田舎料理レストランはセルフサービスで食べ放題。
ただし、値段が格安です。 水曜~金曜までが一人 約9ドル、週末がちょっと上がって一人約12ドルというたいへん庶民的な値段なので、予約は一切なし、贅沢なモノも一切なしで、ただひたすらにおいしい田舎料理を食べたい、堪能したい、楽しみたいという人向けなのです。
ゴージャスな食事をしたい人は、予約を受つけ、至りつくせりのサービスをしてくれる高級レストランへどうぞ、というわけです。

木造建築の田舎料理レストラン。 旧式[TV](ブラウン管)TVが備え付けてありました。
09-05-2010 033.jpg

高級レストランもたまにはいいけど、あまりマナーを気にせずに(?)気楽におなかいっぱい食べれるレストランもいいものです。
案内してもらったテーブルは、セルフサービスで各種料理をとるのにちょうどいいところでした^^
おなかもけっこう減っていたので早速、全員食べ物に突撃ぃ~です。

続きを読む


あしあと(19)  コメント(12) 

タピオカを作ろう♪ [美味しいブラジル料理]

        タピオカ09.jpg


 ブラジルでは先週の週末からサマータイム(夏時間)に入りました。
サマータイムは節電目的で実施されるもので、米国、カナダ、ヨーロッパ、オーストラリア、ニュージーランド、ロシアなどの国でも実施されているようです(国によっては実施されない地域もある)。

                青色がサマータイムを実施している国・地域
          サマータイム実施国.jpg

サマータイムに入ると、当然、家中の時計の時刻を一時間進めないといけないのでタイヘン[あせあせ(飛び散る汗)]
そして毎年、時計の針を進める役はLobyなのです。
子供たちはいつも知らん顔[バッド(下向き矢印)]
自分の腕時計やらパソコンだけを調整しているみたい。
それで金曜日(16日)の夜、[TV]TVを見ていたらサマータイムのお知らせなんてのが出て
《サマータイムに入りますのでお忘れなく時計を1時間進めましょう》
なんて言っていました。

続きを読む


週末はフェイジョアーダを♪ [美味しいブラジル料理]

日曜の家族そろって、いや、長男は出かけていなかったから80パーセントの家族での昼食メニューは、ビーフステーキ、パスタ、それにクレソンとトマトのサラダと味噌汁でした。
天気は快晴[晴れ]、食欲は旺盛でみんなおいしく昼食を食べていました。
するとクレソンのサラダを皿にとって食べていた娘が突然、
(娘)「あ、ごみが角を出した![どんっ(衝撃)]
(ママ)「えっ?」
(娘)「やだ~、これナメちゃんよ[あせあせ(飛び散る汗)]
(全員サラダを見て)「....................................」

(娘)「私、初めは葉っぱについているごみかと思ってフォークで皿の端によせたの、そうしたら、角が出たり引っ込こんだりしたからごみじゃない、ナメちゃんだってわかったの[もうやだ~(悲しい顔)]
見ると2ミリか3ミリほどの小さな木くずかわらくずみたいなナメちゃんでした。
(Loby)「有害な農薬を使ってないっていう証拠だよ」←ちょっと強がりを言っている感じ?[たらーっ(汗)]
結局、ナメちゃん発見後もサラダを食べ続けたのはLobyだけでした。
それでもさすがに量が多すぎてみんな食べることは出来ませんでした[ふらふら]
(Loby)「残ったサラダはもう誰も食べないからクロ[犬]にあげようね...」
(ママ)「そうしてちょうだい」

ナメクジの写真をと思ってサーチしていたら、こんなのがありました。(女の子はかわいいけどナメクジは全然かわいくないよ~!><)

戯言はこれくらいにして、週末の昼食と言えば、ブラジルでは土曜日のフェイジョアーダが有名です。ということで今日はフェイジョアーダのお話しです^^

                   ブラジルの代表料理、フェイジョアーダ 
Feijoada_panelas650.jpg

続きを読む


タピオカを食べよう♪ [美味しいブラジル料理]

 土曜、日曜は30度の初夏[晴れ]を思わす気温でしたが、月曜日は朝のうちこそ暑かったものの、昼過ぎから急に天気が変わってきてPM2時過ぎには強い風が吹き始め、見る見るうちに雨雲が空一面をおおい突然西側からの雷をともなった横殴りの雨!(西側から雨が来るときは、なぜか強風とともに来るのです)
幸い、この突然の強風をともなった雷雨は20分もしないうちにおさまり、それからは普通の雨になりましたけど、雷に弱いガレージのモーターやコードレス電話、コンピューターなどの電源を切ったり、窓やベランダのドアを閉めたりとあたふたといつもの雷雨対策をとりました。

夕方のTVニュースでは、南部から北上してきた寒冷前線が暖気団と衝突したために起こった現象だとか... (もうなんだから、いいかげんで寒冷前線も春夏休みをとってほしいんですよね)[あせあせ(飛び散る汗)]

さて、今日の話題はタピオカのお話しです。
なぜタピオカかというと、最近Lobyが朝食代わり、午後のランチ代わりに好んで食べているからです[わーい(嬉しい顔)]
タピオカってブラジルではmandioca(マンジオッカ)、日本ではキャサバと呼ばれるトウダイグサ科の植物(高さ1m程度)の芋の粉のことなんですけど、ブラジルではこのマンジオッカ粉、つまりタピオカを鉄板やフライパンで焼いて、上にコンデンス・ミルクとか、チーズとか、ハムとかを乗せてオムレツのように半分返して具を中にして食べます。(ちょっとパンケーキにも似ていますね)


このタピオカ(地方によってはbeijusと呼ぶところもあります)は日本のお好み焼きのように、さまざまな具を使ったものがあります^^

                 干し肉&チーズをはさんだタピオカ
            tap-carneseca.jpg

続きを読む


ブラジル風コロッケ大人気! [美味しいブラジル料理]

 カーニバル明け(2月25日)ころから本格的な暑さがやってくると思っていたら、昨日からかなり暑くなってきました(^^;
まあ、毎日雨ばかり降るよりもマシですけど、日中は日差しが強くて出て歩く気もしません。
今日は土曜日で少し寝過ごしたので朝の散歩は中止。 
朝の9時過ぎだけどすでにジリジリ肌を焼くような日差し[晴れ]です(^-^;
昨日は7時頃に散歩したので、日は強かったけど快適でした[わーい(嬉しい顔)] まだ朝早いので朝もやが山の方にあるのが見えました。
      DSC00038.JPG

      DSC00039.JPG

自然の景色といえば、週末に用事で行った田舎ではこんな写真も[カメラ]
これは夕方ですけど、かなりいい景色を撮れました[わーい(嬉しい顔)]
    DSC00034.JPG

続きを読む


あしあと(4)  コメント(2) 
共通テーマ:地域

おいしいエスフィーハ [美味しいブラジル料理]

晴れの日が続いています。
サンパウロでは、2週間以上も雨が降らないので空気が乾燥しきっています。
おかげで市内はスモッグがひどい... 典型的な冬の症状ですね。
TVやラジオでは市民に空気の湿度が低いので十分に水をとるように呼びかけています。

乾燥した時期に多いのが山火事と森林火事。
それも人為的なものが多い... 面白半分に山に火をつけるもの、大豆などの農作物を植える面積を増やすため、または牛の放牧面積を増やすために原生林に計画的というより犯罪的な放火をする農場主もいます。 
ブラジルにおける、これらの森林火事、山火事の影響は想像以上で地球温暖化の進行にブレーキをかける役割をする森林を毎年何十万ヘクタールという面積焼け野原にしている他、火事で大量のCO2を発生させています。 まったく人間の欲望というものは際限がないものですね...

 

さて、話しを本題にもどして、前回はブラジルでもっともポピュラーな(日本人がその元祖らしい)パステルについて書きましたが、今回はアラブ人が元祖のエスフィーハ(Esfiha)の話しです。
エスフィーハとは、パンの中に肉や野菜を詰めたもので、いわば中華饅頭のアラブ版みたいなものです。
丸く薄い小さいピザみたいなものの上に肉をのせたのもあります(最近はこのタイプが多い)。

この食べ物もパステルにまさるともおとらない、かなりポピュラーな食べ物で、やはりたいがいのスナック店にあります。
このエスフィーハ、普通は鉄板の上で焼いたものなのですが、リオ・デ・ジャネイロに住んでいた頃、時々マッシャード広場の小さなショッピングセンターの中にある、正真正銘のアラブ人経営のスナック店で売っているエスフィーファは特級品でした。 
週末などに、よく奥さんと二人で散歩した後にそのショッピングセンター内のエスフィーハ店に寄り、注文して食べたものです。うすい小麦粉の皮で野菜や肉を包んで蒸したエスフィーハは絶品! 病みつきになるおいしさでした。 アラブ人のお店は、そのおいしいエスフィーハを食べる人たちでいつもいっぱいでした。
でも、あんなおいしいエスフィーハはサンパウロでは見ませんね。残念。

               

   
          


あしあと(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

ブラジルの庶民的な食べ物パステルの話し [美味しいブラジル料理]

 昨日の日記でも書きましたけど、ブラジルでもっとも庶民的なファーストフード的食べ物はパステルです。
なんでパステルなんて名前になったのか知りませんけど、ちょっと調べてみるとパステルの元は、あの中華料理店などでよく見る春巻きだそうです。 それがどうして春巻きとはぜんぜん似つかないパステルになったのか?

《Answer1》
その昔、ブラジルにやって来た中国人たちが春巻きを作ろうとしてありあわせの材料を使って作ったのが、そもそもパステル(Pastel)のはじまり。

《Answer2》
第二次世界大戦中に、ブラジル政府より敵性国人として迫害を受けた日本人移民が、中国人に似た様相を利用して屋台で中華料理風の食べ物(春巻き)をスナックとして売りはじめた。

まあ、これで見ると、2番目の答えが真相に近そうですね。
で、ブラジルの日本人が春巻きをアレンジして出来たのがパステルで、これは大ブームになりました。特にサンパウロあたりでは、パステルを売ってないフェイラ(市場)はないし、スナック店でもほとんど売っています。 そういえば、フェイラではほとんどと言っていいくらい日系人がパステル屋さんのオーナーです。これも先の2番目の回答が正しいことを裏付けるようです (^_^)v


( おまけ... サイトで見つけました^_^; )

      


あしあと(1)  コメント(0) 
共通テーマ:地域
美味しいブラジル料理 ブログトップ