So-net無料ブログ作成

天国と地獄の2月 [日記]

    2月は...

ブラジル人にとって

天国 地獄の月だと思います。


天国 はこれ


リオのストリートカーニバルがスタートしました
カーニバルスタート
リオデジャネイロ市では、すでに一週間前からストリートカーニバルが始まっています。 なんと、25万人が初日(金曜夜)リオのストリートに繰り出したそうです。




今日のニュースでは、なんと650万人リオっ子がストリートカーニバルに繰り出したとか言っていました。
そして同じく150万人の外国人観光客(カーニバル見物&参加)リオにやって来ているとか...
リオっ子のカーニバルの楽しみ方って半端じゃないですね...[あせあせ(飛び散る汗)]




そして地獄は、ブラジルではさまざまな税金を払う月であり、また新学期の季節でもあるということ。

ちなみに、主な税金を上げると

① 自動車保有税(IPVA)=保有する自動車の相場価格の4%

② 不動産所有税(IPTU)=住んでいる区域により課税額に差があり

で、①のIPTUは、たとえばLobyのカローラの相場価格は5万レアルほどなので、2千レアルほどの自動車保有税を支払うことになります。(参考までに、ブラジルでは日本の初任給に相応する最低賃金は千レアル/月なので、最低賃金をもらっている者は二ヶ月働かないと払えない額です)


そして②の不動産所有税ですが、Lobyの住んでいる町の今年度の調整率は、

なんと60パーセントyajirushi-curve.png

これって、何をベースに計算して出した値上げ率なの

って、市当局に聞きたくなります。


だって、去年のインフレ率ってわずか3パーセントなんですよ。
年金の調整率はわずか2パーセントだし、給料の調整率だって8パーセント弱なんですよ。
先に述べた最低賃金しかもらってない人は、どうやって払えと言うんですか 南米最大の都市、サンパウロ市でさえ、不動産所有税の値上げ率は25パーセントだというのに...

で、当市の市民たちはあちこちで抗議デモを繰り広げました。
(Lobyは参加しませんでしたけど...)
2年もかかってようやく完成した市中心を通る鉄道の下を通るトンネルの開通式でも、市議会でも。

抗議デモ


その抗議デモのおかげで、今週、市当局は値上げ率を10パーセントに下げる旨を公表。 まさに庶民パワーの勝利ですね。
(でも70パーセント値上げって、本当に市民の生活を知らない政治家たちの暴挙にほかなりません)


kyouzaitakai.jpg


で、自動車保有税、不動産所有税と来て、次は学校ですね。
ブラジルでは12月~1月いっぱい夏休みで、2月から新学期です。
ブラジルの公立校のレベルがガタ落ちしている昨今、少しでも子どもによい教育をあたえたいと考える親たちは、私立校に我が子を競って入れます。
しかし、私立校はどこでも高いのが相場。
ブラジルでも有名な私立校の学費は2千レアル/月ほどします。
(これも先に上げた最低賃金 x 2ヶ月分のお値段です)

新学期ともなれば、新入学、進級にかかわりなく入学金を払わなければならないし、はやくも2月の月謝も払わなければならない。おまけに教材も買い揃えなければならない。日本はどうか知りませんが、ブラジルでは私立校の教材はすべて自費です。
そして、これらの入学金、月謝、教材等はすべて値上がりしています。
月謝の値上げ率は4~8パーセントで、教材の値上げ率は平均40パーセントだとか。
これも市民の財布をさらに締め付けます。

ということで、地獄の2月編でした。


                                 



楽しくない話ばかりしても仕方ないので
以下は楽しいの話です。


日本のTVでは、主にもっとも派手で豪華絢爛なカーニバルパレードばかりが取り上げられるようですが、カーニバルはやはり“踊る阿呆に見る阿呆同じ阿呆なら踊らにゃ損々”ではありませんが、冒頭で述べたストリートカーニバルが本来の意味でのカーニバルなのです。


そして、ストリートカーニバルといえば、バイア州のサルバドール市やペルナンブコ州のレシフェ市で行われるものがもっとも有名。


ちなみに、サルバドール市のカーニバルには、今年は250万人の観光客(ほとんどがストリートカーニバルに参加(踊る)若者たち)が参加する予想だそうです。


バイア州のサルバドール市で行われるストリート・カーニバル。参加者は約250万人
トリオエレトリコ上で人気歌手イベッテ・サンガロが歌っています。



有名なレシフェ市(ペルンアブコ州)のストリート・カーニバルの参加者は170万人。



カーニバル2018オリンダ_ストリート


そして、これらのストリートカーニバルで大活躍するのが、通称”トリオエレトリコ”(Trio Elétrico)と呼ばれる、大型トレーラに歌手などの控室(休憩室)、音響機器、大型スピーカー、ステージなど必要なもの全てを備えた、史上最強の音楽マシーンなのです。


そのトリオエレトリコの中でも、世界最大と呼ばれる「ドラゴン」のネームがあるトリオエレトリコは全長22.5メートル、全高4.40メートル、幅3.20メートルという大型トレラーで、音響装置のアンプは総出力4万ワットだとか。


世界最大のトリオエレトリコ「ドラゴン」の動画


サルバドール市のストリートカーニバルで歌手イベッテが使っているトリオエレトリコの内部図。 トリオエレトリコ内面図


豪華なトリオエレトリコの内部

トリオエレトリコ内部1
まあ、歌手イヴェッテ・サンガロさんのトリオエレトリコは”特別バージョン”
といっていいものなのですが、とにかくトリオエレトリコはメチャ大きくて
バカでかい音(ミュージック)を出します。

カーニバル2018トリオエレコ


カーニバル2018トリオエレトリコ2


                      


フレーヴォ(Frevo)


  さて、カーニバルと言えば、音楽はサンバ、ダンスもサンバです。
しかし、ペルナンブコ州のカーニバルでは「フレーヴォ」(Frevo)と呼ばれる音楽をガンガン鳴らして、フレーヴォ独特のダンスをするのです。

はてなキーワードには、「フレーヴォ」は煮えたぎるという意味で、まるで足元に熱した大鍋があるように飛び跳ねることに由来。黒人奴隷たちが主人からの暴力をかわすために編み出した動きが、ステップのルーツ。レシーフェ(Recife、レシフェ)独特の舞踊であり、「レシーフェのカーニバルの舞踊と音楽(Frevo, performing arts of the Carnival of Recife)」として2012年無形文化遺産に登録される。

と説明されています。
もう少し詳しく見ると、フレーヴォのルーツはカポエイラ(黒人奴隷が生み出した足だけを使う格闘技)で、ペルナンブコでは1908年頃からこう呼ばれるようになったようで、カーニバルの時に、各ブロッコ(カーニバル同好会)のチーム同士がストリートで出会ったときに、ブロッコの若い踊り子たちを守るために、前衛隊であった若いカポエイラ使いの男子たちが、ほかのチームを威嚇(ヘタするとケンカにまで発展?)するためにアクションをとっていたのがダンスになったというものです。




フレーヴォは激しいリズムの音楽で、ダンサーたちは片手に小さな傘をもって飛んだり跳ねたりします。
サンバはご存知の通り、腰を激しく振り、ステップをリズムに合わせて踏みますが、決して飛び上がったりしません。



今回、この記事を書くにあたって「サンバとフレーヴォの違いはとサーチしたところ、次のような回答を見つけました。

「サンバは腰を振って足でゴキブリを踏みつぶすようなダンスで、フレーヴォはつまらない日傘を片手にもってコオロギのように飛ぶダンスよ」(ブラジル版Yahoo知恵袋の回答から引用)

なかなかユーモアたっぷりな回答ですが、こんな面白いブラジル人もいるのですね~

カーニバル2018レシフェ


それでは、最後にカーニバルのミューズをお楽しみください。

カーニバル2018サンパウロのパレード


カーニバル2018サンパウロパレード1


カーニバル2018パレードミューズ


カーニバル2018ミューズヤスミンポンテス


 


カーニバル2018エレンホッシェ


カーニバル2018タイース


カーニバル2018ミューズ3


カーニバル2018パオラオリベイラ1


カーニバル2018パオラオリベイラ2


カーニバル2018エレン


サンパウロのカーニバルパレード初日の動画(トン・マイオール・チーム)




アカデミコス・ド・ツクルヴィー・チームの動画





usagi_wave.jpg
今日もご訪問有難うございます
lobo.gif

usagi_wave.jpg
 





あしあと(50)  コメント(11) 

あしあと 50

コメント 11

tsun

リオのカーニバル、一度は直で見てみたいですが、なんだか怖さもありますね。
でも、直で見るのは一生無理でしょうね・・・。
地獄、日本では4月ですね。
by tsun (2018-02-14 10:29) 

横 濱男

カーニバル・・・良いですね。
素敵な女性見て、嫌なことを一時忘れたい。。(^_^)

by 横 濱男 (2018-02-14 23:21) 

旅爺さん

コメントが中々入りません・・・再度!”


by 旅爺さん (2018-02-17 05:56) 

旅爺さん

カーニバルは世界の花で賑やかで楽しい一時ですね。

by 旅爺さん (2018-02-17 05:57) 

こんちゃん

外国の税金事情も色々ありますね。
本場のカーニバルを見ることは無理なので
浅草のサンバカーニバルで我慢するしかないです。
by こんちゃん (2018-02-17 08:27) 

johncomeback

拙ブログへのコメントありがとうございます。
仙台七夕祭りは3日間で200万人が押し寄せますが、
七夕飾りは綺麗ですが動きが無いのでカーニバルの
ような興奮を味合えません。
by johncomeback (2018-02-17 14:36) 

SIBA-dog

いやぁ またまた楽しませてくれますね。サンバが聞こえてきそうです
美女のお気に入りをカレンダーにしています。エヘへ--
税金ってホントーに公平に使われているんでしょうかね。公人ばかり
ムダ使いしているような気がします。
by SIBA-dog (2018-02-17 15:30) 

ヨッシーパパ

情熱的ですね。
日本では、オリンピックのメダルラッシュの連日のニュースで賑やかです。
by ヨッシーパパ (2018-02-17 18:48) 

Loby

>tsunさん、リオのカーニバルは世界的に有名ですが...
 今、あちらは治安がとても悪いので、観光客もたいへん注意する
 必要があります。残念ながら。

>横 濱男さん、え~っ、そんなに滅入ることあるんですか???
 せめて、このブログでしばしの間、アタマを天国へ誘ってくださいね。

>旅爺さんさん、コメント入れにくかったんですか?
 どうもお手数をおかけしました。
 でも、どうしてでしょうね?パスワードのせいかな?
 カーニバルは老いも若きも楽しめるお祭りです♪

>こんちゃんさん、浅草のカーニバルは日本では有名ですものね。
 でも、たぶん山車とかはないんでしょうね。
 見れるのはサンバガールたちと華やかな衣装を付けたダンサー?

>johncomebackさん、ご訪問有難うございます。
 仙台の七夕祭りはたいへん有名ですね。
 でも、見物客は文字通り、“見るだけ“なんですね。

>SIBA-dogさん、どうもありがとうございます。
 画像は元のサイズですので、デスクトップの壁紙にもできますね。
 たっぷり楽しんでください(^_-)-☆
 ブラジルの場合は、税金は政治家たちがくすねることが多いですTT

>ヨッシーパパさん、冬季オリンピック、盛り上がっていますね。
 日本はあと何個メダルを取れるかな?


by Loby (2018-02-17 20:46) 

トモミ

確かに天国!本当に行っちゃう人も居ますものね(笑)?
そして地獄!!日本でも確定申告が始まりました…
by トモミ (2018-02-18 17:04) 

Loby

>トモミさん、たしかに天国に行く人多いようです。
 でも、その原因もさまざまかも?
 心臓病とかで行く人もいれば、ラブラブの天国を楽しむ人も
 いるかも?

by Loby (2018-02-21 05:15)