So-net無料ブログ作成

ネットフリックスびたり♪ [日記]

ネットフリックス、へたなケーブルテレビよりもいいので、
最近はネットフリックスびたりです。

ということで、今回は最近見て”良かった作品”の紹介です。


ウォー・マシーン: 戦争は話術だ!




『ウォー・マシーン: 戦争は話術だ!』(War Machine)は、2017年のアメリカ合衆国の風刺・戦争映画。 映画ではアメリカ陸軍大将のスタンリー・マクリスタルの実話を基にした架空の事件が描かれいます(本当に架空かしら?)。

出演はブラッド・ピットですが、ピットも歳をとったのか、それともメイクがスゴイのか、ちょっと見ただけではよほどのブラピ‐ファン(女性?)でないとピットとはわからないほど。
戦争映画ですけど、戦闘シーンはごくわずか。
職業軍人としてのマクリスタル将軍の人間像を浮き彫りにした興味深い作品です。

それにしても、ブラピーの演技が光る作品です。




009 Call of Justice



マンガファン、アニメファンなら知らない人はいない石ノ森章太郎の名作中の名作の最新劇場版です。
「サイボーグ009」の映像化50周年を記念して制作されたフル3DCGアニメーションだそうですが、『殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』を思わせるような素晴らしい映像と視聴者の度肝を抜くようなストリー展開。
そして、やはり009シリーズの醍醐味、各00ナンバーサイボーグたちの個性豊かなアクション。 いつ見ても、何回みても飽きませんね。
009の加速をお忘れの方はぜひネットフリックスの無料視聴期間を利用してでもご覧になってください。
009の加速装置がどれだけスゴイかが最後にわかります。

(ちなみに20世紀からの009ファンであるLobyは、当ブログのコメント欄のパスワードも「009」としています[たらーっ(汗)]





         シドニアの騎士



『シドニアの騎士』は弐瓶勉原作のマンガをアニメ化したもので、こういうジャンル(バトルスーツ)の作品が好きな方にはタマラナイ作品です。
バトルスーツの作品と言えば『機動戦士ガンダム』が超有名ですが、ガンダムが大人気だったころは、Lobyは働きアリのごとく家族を養うために必死で働いていたし、日本のアニメなんてブラジルでは見られなかったし、で残念ながら「ガンダムファン」にはなりきれませんでした。
「ガンダムファン」でない理由の説明はともかく、『シドニアの騎士』はやはり名作中の名作でしょう。

それと、『シドニアの騎士』のオープニング曲「騎士行進曲」歌 Angelaがメチャいいです。







          BLAME!(ブラム)



これも『シドニアの騎士』と同じく、弐瓶勉原作のSFアクションですが、劇場公開と同時にNetflixで全世界向けに独占配信しているものです。
「BLAME!」の舞台は、人類が「違法居住者」として駆除・抹殺される暗黒の未来。無限に増殖を続ける超巨大な「階層都市」で、探索者・霧亥(キリイ)が、今にも忘れられようとしている人類文明を救うため、突如放り込まれた孤独で危険な旅路を描かれている。(ネットフリックス公式サイトより引用)







          Fate/stay night



『Fate/stay night』はパソコン用に開発されたゲームが元という、Lobyに言わせれば”ちょっと変わった経歴(?)”のアニメですが、ゲームが大ヒットしたのが納得できるストリー展開です。
ストリーは、どんな願いも叶えると言われる聖杯を手に入れるために、魔術師たちが神話や歴史の英雄の霊を召喚して殺し合う「聖杯戦争」を行う。その聖杯戦争に巻き込まれた半人前の魔術師、衛宮士郎が聖杯戦争の核心に迫る伝奇活劇ビジュアルノベルだそうです。(Wikiより引用)
まあ、剣士あり、魔術師あり、アーチャーあり、パーサーカあり、とRPGのキャラがそろっていて、ストリーも面白ければ、ゲームファンは飛びつきますね。
ファーストシーズンの『Fate/stay night』とセカンドシーズンの『Fate/stay night Unlimited Blade Works』がありますけど、結構ハマります。






        雲のむこう、約束の場所






『君の名は』で世界中に名が知られることになった、新海誠監督の『雲のむこう、約束の場所』、『秒速5センチメートル』、『言の葉の庭』、『ほしのこえ』などもネットフリックスで見られます。







ネットフリックスではまだ配信されてないけど、日本中を沸き立たせた『君の名は』を先日見ました。 たしかに、新海監督の作品らしい、素晴らしい映像とストリーだけけど、
Loby的にはそれほど騒ぐような作品じゃないじゃないの というのが正直な感想です(決して悪い作品とは言っていません)。
やはり、『君の名は』はそれまmでの作品(あまり人気にならなかった)の経験を活かして、”女性にウケる”作りとしたのが大人気となった理由でしょうね…




あしあと(30)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

あしあと 30

コメント 8

こんちゃん

009は大好きでした。
これはちょっと見てみたいです。
by こんちゃん (2017-06-01 09:39) 

tsun

ちょっと違和感ありの009ですが、面白そうですね。
私も最近は、Amazonビデオ率が高いです(笑)
by tsun (2017-06-01 13:36) 

なんだかなぁ〜!! 横 濱男

009のアニメがまだ作られているんですね。
映画、先日1年ぶりに見ました。
レンタルDVDですけどね。
トム・クルーズ主演映画『アウトロー』の続編『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』
そこそこ面白かったです。
by なんだかなぁ〜!! 横 濱男 (2017-06-01 19:17) 

kuwachan

009のアニメは私も見ていました。新作が出るのですね。
映画は家でも見ますが、やっぱり大きなスクリーンがいいかな^ ^
by kuwachan (2017-06-02 10:44) 

ヨッシーパパ

009は懐かしいですね。
一昨年、宮城県の石巻市に行った時に、「石ノ森萬画館」にも、行って見ました。
009がたくさんいました。

by ヨッシーパパ (2017-06-04 18:23) 

Loby

>こんちゃんさん、009ファンは多いですね。
 009ノ1なんてのもあるし…^^;
 石ノ森章太郎さんは、まさしく天才でしたね。

>tsunさんも009ファンのようですね^^b
 アマゾンは日本では見れますけど、
 ブラジルでは残念ながら見れません(;_;)

>なんだかなぁ〜!! 横 濱男さん、009シリーズは永遠に続いて
 欲しいです。
 トム・クルーズの新作ですか?
 彼の映画も結構面白いですね^^b

>kuwachanさんが(女性なのに)009を見ていたとはオドロキです。
 女性にもファンが多いのかな?
 映画はいいですけど、もう10年以上も行っていません。
 TVも大画面だと映画並みですね。
 (大画面TV買いたい!)

>ヨッシーパパさん、石巻市にあるんですか?
 ちょっと遠い感じです。
 実は来年あたり日本旅行をしようと思っているのですが…
 行ってみたいです。

by Loby (2017-06-05 23:15) 

トモミ

画像認証の意味、初めて知りました!私も大好きです、009!!
「ジョー、君は何処に落ちたい?」は永遠に不滅です(笑)…
by トモミ (2017-06-06 10:17) 

Loby

>トモミさん、意外と思えるほど009の女性ファンっているのですね。
 男だけが好きなのかと思っていました。
 まあ、石ノ森章太郎さんのペンタッチは女性キャラもとても
 きれいに描いているので女性好みかも知れませんね^^b

by Loby (2017-06-06 22:34) 

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました