So-net無料ブログ作成
検索選択

イタプアンの午後 [音楽]

今日はジョン・ジルベルト、トン・ジョビン、トキンニョなどと並んでボッサ・ノーヴァの歴史を作ったヴィニシウス・デ・モラエスの名曲、「Tarde em Itapuã(イタプアンの午後)」をご紹介します。
軽快なメロディー、詩情豊かな歌詞、どれをとっても素敵な曲です。
今回もLobyの迷訳でみなさまにお届けします(^^;

イタプアンの海岸.jpg


イタプアンの午後 (Tarde em Itapuã)

作詞作曲: トキンニョ /ヴィニシウス・デ・モラエス
訳:Loby

古い海水パンツを一枚はいて
ぶらつくのにいい日より
海はでっかく
空には虹がかかっている...
カイミ広場にさしかかったころには
すこし疲れ気味...
柳のゴザに座って 椰子の実の水を飲む
なんと素敵なんだろう!!

イタプアンで午後を過ごす
イタプアンの焼くような日差しの下で
イタプアンの海の音を聞きながら
イタプアンで恋について話すのさ

海が新緑を祝う中で
コルク栓のカシャッサを飲みながら
甘い議論をする
そしてすべてを忘れた目で
海と空がいっしょになるところを見て
ゆっくりと大地が回るのを
体で感じながら
なんと素敵なんだろう!

イタプアンで午後を過ごす
イタプアンの焼けるような日差しの下で
イタプアンの海の音を聞きながら
イタプアンで恋について話すのさ

夜が連れてきた風に少し身震いし
椰子の木の間から流れてくる
ひそやかな会話...
そして穏やかな空気の中で
昨日もなく明日もなく
イタプアンの月の
褐色な腕に抱かれ眠る
なんと素晴らしいんだろう!

イタプアンで午後を過ごす
イタプアンの焼けるような日差しの下で
イタプアンの海の音を聞きながら
イタプアンで恋について話すのさ


オリジナル歌詞はこちらです。


カシャッサ.gif
ちなみにカシャッサとはブラジルのサトウキビ焼酎です。
                                    

          ヴィニシウス・デ・モラエス(思想家、詩人 1913-1980)
      ヴィニシウス.jpg

           ヴィニシウスとトキンニョ
      トキンニョ&ヴィニシウス.jpg


              トキンニョのレコードアルバム
              トキンニョ.jpg




このYou Tubeの景色はイタプアンのものだそうです。風光明媚で、まさしく歌に歌われているとおりですね。



Tom Jobim+Vinicius de Moraes+Toquinho+Miúcha
トン・ジョビン、ヴィニシウス・デ・モラエス、トキンニョ、ミウーシャというゴールデンキャストのビデオです!!!




イタプアンの午後 (Tarde em Itapuã)が作られたのは、ヴィニシウス・デ・モラエスが1973年から1974年の2年間にわたり、バイア州のイタプアンですごした時期であり、リオ市生まれでリオ市育ちのヴィニシウスが、なぜバイア州の片田舎であったイアプアンまで行ったかというと、イタプアン生まれのモレーナ(混血娘)ジェッセ・ジェッシー(Gesse Gessy)という恋人のためです[揺れるハート](なーるほど...恋には国境も距離も苦労もないのですよね) 
ここでヴィニシウスは恋人と暮らすために家を建て[家]、歌の通りに古い海水パンツ一つでぶらぶらと町をさまよい歩き、白い砂浜のビーチにでかけ、[リゾート]椰子の実の水を飲み、青い海と青い空の下でジェッセと甘いひと時をすごし、夜ともなれば地元の小さなダンスホールで歌い[るんるん]、踊り、カシャッサ[バー]を飲んで、まったくボヘミア的な時期をすごしたわけです。
イタプアンに2年いたあと、ヴィニシウスはマルチンニャという新しい恋人を作り、イタプアンから去りましたけど、「イタプアンの午後」は名曲としてボッサ・ノーヴァの歴史に残されることになりました。[ぴかぴか(新しい)]


               イタプアンの風景
イタプアン.jpg  

イタプアン1.jpg

イタプアン2.jpg



大きな地図で見る


あしあと(10)  コメント(7)  トラックバック(0) 

あしあと 10

コメント 7

ゆき

ボサノバのリズムっていいですよね。
お酒飲みたくなります。・・・・・・飲めないけど・・・(^^;
by ゆき (2009-10-15 20:11) 

Loby

ゆきさん
ボッサ・ノーヴァは洗練されたリズムを感じさせますね^^
”イタプアン...”は私の好きな曲の一つです。
お酒を飲みながら聴くと、まだ行ったことのない
イタプアンの光景が彷彿としてきます><
by Loby (2009-10-15 21:58) 

me-co

やっぱりいい訳詩ですよ!
また、ウットリしましたvv
いい曲ですね~♪
昔、聴いていたJ-WAVEのサウジサウダージを思い出しました!
(<現在は電波の関係上聴いていませんT_T)
by me-co (2009-10-15 23:03) 

Loby

me-coさん
歌の翻訳は仕事の翻訳よりもムズカかしいです><
でも楽しい(^-^;
お褒めいただいてありがとうございます<(_ _)>
さらにガンバります!(゜∇゜ ;)エッ!?
by Loby (2009-10-15 23:25) 

モッズパンツ

イタプアンはのんびりとしていて、トテーモ良いところのようですね。w
歌詞は自然と一体化している感じや、ラフなスタイルが良いですね。w
椰子の実にストロー差し込んで飲みたいです。w (´∀`)ノ

日本でボロボロの古い海水パンツ一つで、ぶらぶらと町をさまよい歩くと、何となく職務質問を受けそうです。w (^ω^) ゲラゲラ

(^ー^)ノシ
by モッズパンツ (2009-10-16 21:57) 

Loby

モッズパンツさん
現在のイタプアンは普通の観光地になってしまっているかも知れませんが、それでもやはり「イタプアンの午後」の歌詞につられて行って見たい気がしますね^^
カシャサはあまり好きではありませんけど、イタプアンならコルク栓のカシャサ瓶からついで飲んでみたいです♪
(それもボロボロの海水パンツ一つでね><)
by Loby (2009-10-17 07:16) 

新保 光一

 とても素敵lなページです。感心します凄い❣新保ism
by 新保 光一 (2017-06-13 11:11) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました